ホーム > 事業内容のご紹介 > くらしの相談
日常生活自立支援事業

福祉サービスの利用や日常的な金銭管理などに不安のある認知症高齢者、知的障がい者、精神障がい者の方へ福祉サービス利用の申し込み、契約手続き、日常的なお金の出し入れ、預金通帳や印鑑の預かりなどのお手伝いをします。

契約後は利用料が必要です。

◇利用料◇

1時間まで

 

1,000円

1時間を超えて

1時間30分まで

1,350円

1時間30分を超えて

2時間まで

1,700円

2時間を超えて

2時間30分まで

2,050円

2時間30分を超えて

3時間まで

2,400円

3時間を超えた場合

 

2,750円

 

◇預かり料◇

◆新宮町社会福祉協議会の金庫で預かります。

日常的金銭管理にかかる書類等(預貯金通帳、銀行印など)

※50万以内の預貯金通帳に限ります。

月 350円(年 4,200円)

◆福岡県社会福祉協議会の貸金庫で預かります。

年金証書、権利書、契約書、預貯金通帳、実印等

月 250円(年 3,000円)

法人後見事業

後見1後見2

心配ごと・福祉なんでも相談

みなさんの身のまわりに起こっている苦情や心配ごとなど、気軽にご相談ください。

 

日  時

 毎月第2火曜日  午前10時~午後3時 (祝日の場合は前後します)

 ※1人あたり30分

場  所  新宮町福祉センター 団体事務室
相談員  人権擁護委員、行政相談員、社会福祉協議会職員
内  容

 生活・家庭不和・結婚・近隣の問題、行政に対する苦情、高齢者や家族の悩み、

 福祉サービス則用や金銭管理についての不安、いきがい活動などの相談

 ※予約は不要です。会場に午後2時30分までにお越し下さい。

法律相談

法的な知識を必要とする複雑な問題に対し、弁護士が適切なアドバイスを行います。

相談は予約が必要です。

 

日時

 奇数月15日前後 午後1時~4時

 ※1人あたり30分

場所  新宮町福祉センター 団体事務室
対象

 原則として町内に住んでいる人

 ※裁判所で起訴中のもの、弁護士に依頼済みのものは受付できません。

  また、ひとつの内容については1回の利用に限ります。

定員  6人
申込受付開始日

 開催月の1日から(土日祝日の場合は前後します)

 ※定員になり次第しめきり

申込方法

 窓口または電話

生活福祉金貸付事業
低所得者世帯や障がい者世帯、高齢者世帯、世帯主が失業した世帯に対し、自動車購入資金や介護のための住宅改修費、子どもの進学のための就学費用、職が見つかるまでの生活費等の資金の貸付を行います。本事業は福岡県社会福祉協議会の事業と新宮町社会福祉協議会の行っている事業の2つがあり、窓口はどちらも新宮町社会福祉協議会です。 

※貸付には条件があります。また、審査がありますので、早めの相談をお勧めします

【※特例貸付のお知らせ(申請受付:12月末まで)

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、

休業や失業等により生活資金でお悩みの方に、

生活福祉資金制度における特例貸付を実施します。

※原則、電話相談と郵送でのやり取りで対応しています。 

 

詳しくは案内チラシ(pdf)をご覧ください。

 PDFファイルアイコン貸付についてのチラシ

 

【特例貸付の申請の流れ】

①電話相談にて聞き取り(☎963-0921)

 ・・・借入の要件を満たすかを確認します。

       ↓

②本会から相談者へ借入申込書等を郵送

       ↓

③相談者から本会へ必要書類を提出

 ・・・簡易書留での郵送をお願いしています。

       ↓

④福岡県社協にて審査後に可否の決定

【※特例貸付の延長申請お知らせ(申請受付:12月末まで)】

総合支援資金特例貸付をすでに受けている人で、令和2年9月までに3月目が到来する人が、貸付期間延長を申請できるようになりました。

 

詳しくは案内チラシ(pdf)をご覧いただき、お問い合わせください。

 PDFファイルアイコン総合支援資金特例貸付の貸付期間延長のご案内

 

【問い合わせ先】

新宮町社会福祉協議会 ☎963-0921

pagetop